忍者ブログ
憎たらしい愛兎に飼い主バカ全開な獣医学生の毎日。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういえばふと思いだして、以前の記事に起こしていなかったんで今回記事にしてみました。








この春休み、仮免許を取るために自動車学校にて修了検定を受けた時の話。

ほとんどの人が普通は初めて受ける自動車学校の試験ですよね?

ということは、試験の流れについてはほとんど知らないに等しいわけですよ。

その点を踏まえた上で以下をご覧ください。。。




修了検定ということで、とりあえずはじめに今日の検定の流れの説明。

誰がどこの乗り場から何号車に乗るのか、検定員は誰か、後ろに乗るのは誰なのか。

そのあたりのことを重点的に話され、最後にどのコースを回るのかっていう説明を受けました。

そして検定本番へ。

自分は同じ車で運転する4人のうちの1番目だったため、いきなり検定。



というわけで、荷物を後ろに積んで…次に何をするのかわからずに待っていたところ…

検定員が何も言わずに手を出してきました



…これは一体?



…!!



そうか、握手だな!!



そう思った自分は握手をしようと手を出すと…

検定員「握手じゃない、検定の紙。」

怒りながら言われました。











…はい?



私何か悪いことしましたっけ!?

もう何もかもが理不尽です。

そんな憤りを感じながら、技能検定を受けました。

結果はご存じのとおり、合格。




その後、技能検定の結果説明へ。

先ほどの同じ車に乗った4人が一緒に説明をうけるのですが、一人一人呼ばれて説明されるわけです。

これももちろん何も事前にどうしろっていう説明はなかったので、説明される時に話が聞きやすいように、そして検定員が手に持っている色々と書き込んだ紙を見せるのかと思ってそばへ。

そしたら、こっち来んな的な顔で押し返され、「見ちゃだめだ。」と。

もうね、お前は何だと。






そんなこんなで、次は筆記試験へ。

これはご存じの方が多いかと思われますが、マーク式となっています。

というわけで、自分の名前やら何やらを書いて、誕生日などをマークし終えました。

そしたら。

技能検定の時に恥をかかされた大変お世話になった検定員の方がまたもいらっしゃいまして、こう申されました。

検定員「マークの仕方が薄い。もっと濃く塗らないとだめだ。」



…それってどういう文句?



一浪して何回もセンター模試もセンター試験も受けているのにその指摘はないよね、うん。



もうね、死ねばいいのに。




色々と疲れた修了検定でした。









これ以上文句を言われないように塗りましたよ、濃く、濃く。怒りを込めて。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
うっひょう!! HOME 久しぶりのへやんぽ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
ツイスト
性別:
男性
職業:
大学生
自己紹介:
卒論終わらない。国家試験?何それ、おいしいの?
…そんなウサギと犬にメロメロな獣医学科6年生。

基本的に休みの日以外は夕方~深夜にかけて更新します。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新CM
[07/27 ウサギのハート]
[07/28 natural]
[07/18 うさっちん。]
[04/29 natural]
[04/06 うさっちん。]
フリースペース






札幌 不動産査定


ブログ内検索